お知らせBLOG

Page: 2/49  << >>
社会人として初めての年末年始…

 今年も残り僅かとなってきました。そこで今年入職された職員4名に今年の振り返りと来年の抱負を語ってもらいました。

 

ケアワーカー 高原さん

 1年を通して私の力不足で、スムーズにできない事があり毎日勉強ばかりで覚える事ばかりでした。時には失敗することもありましたが先輩方がすぐにフォローして頂きすごく感謝しています。失敗を糧に利用者様にとってよい介護を行えるようにしていきたいです。来年は自分のニガテな事ができるようになり何事も積極的にチャレンジしていき頑張りたいです。

 

理学療法士 池谷さん

 理学療法士として働き半年が過ぎ、利用者の皆様と楽しい日々を送ることができています。業務において、ケアマネージャーや他事業所などとの関わり、書類業務が先輩たちのように上手くできなかったことが今年の反省です。来年は、書類業務が把握することができ、教わったことを効率よく実施できるよう優先順序や必要な知識の吸収ができるよう頑張ります。

 

理学療法士 田岸さん

 今年1年は先輩方のしている仕事を早く覚え、なるべく足を引っ張らないように努めた年でした。それでもミスを沢山し、多くの方に迷惑をかけてしまったと思います。その点先輩方から多くのアドバイスをいただき、今年1年で人として成長することが出来たと実感しています。

 来年は、勉強会や委員会などの分野で貢献し、1人の理学療法士として安心して仕事を任せてもらえるように、自身のスキルアップを図りたいと思っています。今後ともよろしくお願い致します。

 

理学療法士 長谷川さん

 理学療法士1年目を振り返り、新しい環境や経験を積んでいく中で、不安がいっぱいでした。学生時代の実習では1人の患者を時間をかけて評価し統合解釈そしてプログラムを組んでいく事が、臨床では、短時間で求められる事、出来るか不安でしたが、スタッフの支えとアドバイスそしてスキルに合わせた教育プログラムのおかげで、不安な気持ちは改善していったと思います。更に臨床の現場は様々な壁にぶつかり試行錯誤の連続でした。対象の利用者様は整形疾患から脳卒中、難病を患った方など多岐にわたり、とても私の知識・技術では追い付かないのが現状でしたが、まだ知識不足や経験不足で思うような効果が出せないこともあります。信頼して頂いている利用者様、ニーズに応えていけるように自己研鑽していかなければと日々感じています。

 来年度からは勉強会などに積極的に参加し、先輩方々に追いつけるような気持ちで努力し、利用者様に評価される様取り組んでいきたいと思います。

 

 

 


 12月上旬に、まんさくの里へマッサージチェアの寄付がありました。

職員が仕事で疲れた体を休憩時間に少しでもリフレッシュできるようにと職員食堂に設置されました。

 寄付して頂いた感謝を仕事で恩返しができるように頑張っていきたいと思います。

 

 

まんさくの里 | 10:27 | comments(0) | - | pookmark |
Page top